未分類

オンラインキャバクラと実際の店舗キャバクラは何が違うのか?

キャバクラ嬢画像
コロナウイルスが広がり各種業界が自粛を促されている中誕生したオンラインキャバクラですが、実際の店舗型キャバクラとはなにが異なるのでしょうか。

女の子?サービス?料金?実際に通常の店舗型キャバクラを利用したことのある方にとってそのギャップはどれだけあるのでしょう。

また、そのギャップや良い方向なのか、悪い方向なのについても比較しながら店舗型キャバクラとオンラインキャバクラの違いについて紹介していきます、

オンラインキャバクラと店舗キャバクラはここが違う!

オンラインキャバクラと店舗型のキャバクラについての違いをまずは紹介していきます。

オンラインキャバクラを利用しようと検討している方にとってはここを一読して頂けると自分自身の答えが見えてくるかもしれません。

実際にオンラインキャバクラと店舗の運営は違う?

オンラインキャバクラを運営するとなると、システムの構築、料金設定、支払い方法と様々なことを準備しなければなりません。

ですので、店舗ごとで事前に行うと初期投資が高額に発生します。

それを避けるために、運営会社に一任するパターンもあります。実際の店舗が運営会社と契約しオンラインキャバクラという窓口を作るということです。

他にも女の子単位で契約することもあります。

大手の場合は自社で運営している場合もあります。

金額も全然違う!オンラインキャバクラのオトク感がすごい!

店舗型のキャバクラの場合は、格安店舗であれば1時間3000円台~という料金設定がほとんどですね。

実際はそのような店も少なく、時間帯によっては1時間5000円~と設定してあることもしばしばです。

オンラインキャバクラの場合は、1時間当たり2000円~サービスを受けることができるという超破格ぶりです。

もちろん店舗によっても異なりますが、少々高めの料金設定であっても1時間当たり4000円~5000円という価格設定となっています。

比較的高額に設定してあるオンラインキャバクラは実際の店舗でも高級志向のキャバクラとなっている場合が多い為、値下げ率を考えると断然お得です、

セット料金以外の細かい価格設定はどうなる?

キャバクラで発生する費用としては、指名料やドリンクやフード、延長料金といったところとなるでしょう。

オンラインキャバクラの場合それぞれのサービス料金はいくらぐらいなのでしょうか。

ドリンクやフードは店舗と変わらないもしはちょい安

女の子用のドリンクは一杯1000円前後と店舗キャバクラとほぼ同金額に設定していることが多いです。

500円程度と割安に設定してあるところに関して言えばオトク感があります。

フードに関しても同様です。

オンラインキャバクラが登場した直後は女の子用のグラスドリンクが主流でしたが、最近ではシャンパンも出すお店がでてきました。

しかしこの場合はシャンパンは女の子しか飲むことができません。

乾杯や気分を盛り上げるためにシャンパンを飲むのもよいですね。

オンラインキャバクラの延長や指名料はどうなる?

店舗型キャバクラと同じように、時間単位でせっていされた延長料金となることが多いです。

1時間2000円であれば2000円の延長料金になるわけです。さらにそれに加えて指名料も上乗せされてくるので、このようなシステムは店舗型キャバクラと同じようなシステムとなりますね。

ただし、延長できない店舗もあるので注意してください。

指名料も1時間1000円、2000円程度で楽しむことができます。

ドリンク等のサービスにおいては店舗型キャバクラと同等の金額に設定されている子ことが多いでしょう。

オンラインキャバクラは延長できない場合もあるので注意!

オンラインキャバクラは事前に予約を行いその時間になったら開始するというパターンが多いです。

予約時には利用時間、指名を主に伝え前払いにてサービスを始めます。

ですので次の予約が控えている女の子との延長は難しい場合があるので十分い注意して下さい。

女の子を選ばなければ延長(予約のやり直し)をすることが可能な場合もあります。

女の子の入れ替えがない!?オンラインキャバクラはずっとマンツーマン

店舗型のキャバクラであれば指名した女の子がなかなか来ない、すぐ違うテーブルに行ってしまう、なんてことも少なくありません。

終了時間ぎりぎりに戻ってきては延長を促し、延長したとたん違うテーブルに行ってしまう悪循環を誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。

しかし、オンラインキャバクラであれば、予約時に女の子を指名し、その女の子と指定した時間ずっと話すことができます。

違うテーブルに行ったり、他の人が来ることがありません。

お気に入りの女の子と思う存分楽しむことができるのです。実際に店舗に2時間いるよりもオンラインキャバクラで30分話していた方が長く濃い話をすることができるかもしれませんね。

支払い方法が違う?支払い方法や支払うタイミングとは

店舗型のキャバクラでは終了時に現金やカードでの支払いが一般的です。

オンラインキャバクラの場合は事前決済が基本です。

予約時の利用時間、指名料をまずはネット決済にて行います。

クレジットカードや〇〇ペイといった近年はやり始めた決済方法を取り入れているサービス会社もあります。

では、ドリンク等についてはどうなるのか?

それはチケット制にて支払う形になります。

ドリンクに限らず、延長が可能な場合はチケットにてサービス中に支払います。

500円や1000円等のチケットを事前に購入しておき、ドリンク等を注文する際に使用するのです。

使用方法は運営会社によって異なりますので、よく確認しておくことが重要です。

もしもチケットを用意していなかった場合に関してはそのタイミングでチケットを買わなければならないので、時間がロスしてしますのであらかじめ用意しておくとよいでしょう。

あらかじめ用意しておいた方が、予算も決めやすくキャバクラでお金を使いすぎてしまったなんてこともなくなるので、様々な面でかなり良いでしょう。

プレゼントは渡せないが、女の子に渡すためのチップもある

店舗型キャバクラでは女の子に直接チップを渡すといったことをしている方も大勢います。

しかしオンラインでのサービスですので、プレゼントを渡すことはできません。

そこで便利なのはチップのサービスです。

チップは他のサービスと同じように事前にチケットを買っておいてチップを渡しいタイミングで女の子に申し出ます。

そこでチップを渡すサービスは完了するということになります。

オンラインキャバクラはパーティー形式で使うことも可能

オンラインキャバクラでは、利用者が性別を問わず複数人で利用することも可能となります。

ZOOMの場合は画面が複数人で利用することも可能となりますし、自宅で複数人で楽しむことができるサービスです。

しかしここにも注意点があります。

複数人利用でも利用上限は決まっている!

オンラインキャバクラの複数人利用はほとんどの店舗で利用可能者数が決まっています。

3名から4名程度まで利用できるので、それよりも多い人数で楽しみたい場合に関してはもう一人の女の子を予約しなければならないということに注意してください。

利用料金も割る人数でない場合が多い

例えば、1時間3000円のオンラインキャバクラ出会った場合、1人あたり1000円ではない場合があります。

利用人数に応じで料金が上がったりする場合もあります。

しかし利用料金は事前予約時に知ることができます。

予約の際は利用人数を申し出る必要があり、その際に金額は伝えられるので、予算より高額になってあとから請求されることはありません。

ただし、申告時よりも多い人数になってしまった場合に関してはサービスが受けられない、サービスが中断するといった恐れもあるので、注意してください。

店舗キャバクラとオンラインの違いによるデメリットとは

店舗のキャバクラとオンラインキャバクラにおけるデメリットを紹介します。

予算や、女の子との会話の中でメリットは多くありましたが、それ以外のところにデメリットが潜んでいるのも事実です。

オンラインキャバクラではどのようなデメリットがあるのでしょうか。

オンラインキャバクラで落とすのは難しい

店舗型キャバクラであれば、プレゼントを渡したり、シャンパン等の高いお酒を注文したりすることによって女の子の印象を上げることもできます。

同伴出勤や、アフターなどでも落とすチャンスは大きく広がっています。

しかし、オンラインキャバクラとなると、同伴やアフターのサービス提供もできない為、勝負は「トーク力」となってきます。

トークだけで女の子を落とすのはなかなか難しいですね。

恋愛経験の少ない女の子に対してであれば、甘い言葉やトークで比較的簡単なこともあるかもしれません。

しかし、相手はプロです。

数多くの男性と会話を繰り広げる経験豊富な女性ですので、普通に話しているだけではかなり難しいといえるでしょう。

オンラインキャバクラに適した落とし方で口説いた方がよさそうです。

女の子と触れ合えるチャンスが少ない

上記でも紹介した通り、同伴やアフターといったサービスができない他、隣に座ることがない為、キャバクラの独特な空気感や楽しみは減ってしまいます。

女の子と密接したり、同伴やアフターの自分だけな感じが好き、という方にとっては少し物足りないこともあるかもしれませんね。

店舗キャバクラとオンラインキャバクラの違いまとめ

店舗型キャバクラとオンラインキャバクラのメリットデメリットを通した違いは個人個人の趣味趣向で判断が分かれるでしょう。

実際に、今後のコロナとの共存時代の中でどちらを選んで通うかというように判断が分かれることもあると思います。

どちらも特出するようないいところがあり、使い分けも楽しくできるので、オンラインキャバクラも一度試してみてはいかがでしょうか。

特に出会い系アプリ等を使っている人などは、リアルな店舗型キャバクラよりも、オンラインキャバクラの方が利用しやすいという声が多数あります。

出会い系アプリ無料などで検索して、出会いを探すよりも、まずはオンラインキャバクラで彼女を作る方法を相談してみるのはどうでしょうか?

キャストの人達は、きっと真剣にアドバイスしてくれると思います。それをきっかけにいい雰囲気になるかも??

-未分類

Copyright© 【2020年】オンラインキャバクラのおすすめはどこ?料金や利用方法・口コミについて調査してみた! , 2020 All Rights Reserved.